ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

ふらっとキャンプスポットの掲載基準

車中泊+αのスポット探し

車中泊自体は、トイレと駐車場があればどこでもできますが、せっかく一人で孤独な時間を自由に使えるのなら、車の出入りが少ないところや、目的地に近いところ、ついでにキャンプなどその場所での時間を楽しむこともできるところがよいのではないでしょうか。

一人旅の醍醐味は、気楽さと自由さ

このサイトでは、車中泊をしながら一人旅を楽しむ方を応援したいと考えています。バスや電車でなく、車を使うのは、プライベートな空間で「気楽」に、「行きたいとき」に「行きたいところ」へ「自由に」行けるということがその理由ではないでしょうか。ホテルを使わずに車中泊をすることで、チェックIN,OUTの時間にさえ縛られることなく、さらに自由に行動できます。

そうであれば、車中泊スポットとして紹介する場所も、事前に予約が必要だったり、営業時間内に受付で料金の支払いが必要だったりしては、一人旅の気楽さや自由さが損なわれてしまいます。

以上のような理由から、このサイトに掲載する車中泊スポットは、以下の基準をクリアしたものだけを掲載していきます。当てはまる場所がありましたら、お知らせください。現地を確認したうえで、掲載していきます。

掲載基準

トイレがあること。

トイレのないところで車中泊はできませんので、これは絶対です。ただし、あまりにも汚いトイレしかないところは、除外します。ここにいうあまりにも汚いトイレとは、落書きや汚損、破損があるにも関わらず、修理や清掃が全くされておらず、放置されているものをいいます。つまり、管理がされていないものです。

常識的に一晩中、見知らぬ車が駐車していることが容認できる場所であること。

住宅街の中にある公園や住宅地付近の河原に見知らぬ車が一晩中駐車していたら、ちょっと怖いですよね。この条件が満たされる場所というと、キャンプ場や郊外の公園、パーキングなど、だいぶ限られてくるのではないでしょうか。

24時間、いつでも駐車や移動可能であること。

気楽で気ままな一人旅のいいところは、何ものにも縛られず、自由に動けることでしょう。ホテルのようにIN,OUT時間や閉鎖、開場時間が規定されていると、それに合わせて予定を組まなければなりません。

予約などの事前連絡が不要であること。

これも同じ理由です。思いついたときに思いついたまま、気楽に立ち寄り、立ち去るのが一人旅の醍醐味だと思います。予約をしなければならないと、その前後の行動が制約されます。当日、その場で受付さえすれば利用できるというのが望ましいと考えます。

原則、無料であること。

風呂や食事など旅にはお金がかかります。そもそも車中泊をしている時点で、余計な時間とお金を節約したいわけですよね。家族が一緒なら安全面も考えて、ホテルやオートキャンプ場を利用すべきでしょうが、気楽な一人旅なら、なるだけ節約したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。