ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

夏至こそ、車中泊の旅が最高といえる理由。

二十四節気の一つであり、もっとも日照時間が長い一日です。

だからと言って、それほど暑いというわけではありません。

梅雨の時期と重なることが多いでの、比較的涼しく過ごせます。

だからこそ、車中泊の旅がもっともふさわしい一日と言えます。

車中泊なら、長い昼間をめいっぱい活用できる。

まず、どこでもいつでも眠れる車中泊なら、この長い日照時間をギリギリまで活用できます。

朝早くから登山をしてもいいでしょう。昼を過ぎたら下山すべき山であっても、もうしばらくのんびりできます。

長い日照時間を有効活用しながら、楽しめるのは、時間に縛られない車中泊だからこそです。

それほど暑くないから、車中泊でも過ごしやすい。

先述したように、梅雨の時期と重なることが多いため、比較的涼しいのが夏至です。

暑さは車中泊には大敵です。寒ければ、シュラフや毛布を重ねることで対処できますが、暑さはどうにもなりません。

標高2000mくらい上がると、涼しく過ごせます。通常、100mあがると0.6度下がりますから、2000mなら平地よりも12℃も低くなります。

ただし、車でいけるところで標高2000mのところは、そう多くありません。

暑すぎないということは、車中泊には大切なことです。

夏至の時期なら、それほど暑くありませんから、標高1000mくらいまで登れば、あとは網戸と扇風機で十分快適に過ごせます。

ぜひ、この緑が美しく、猛暑にならない時期に、車中泊でアクティブな旅を楽しんでいただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。