ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

展望台で車中泊した感想

展望台で車中泊をすることもあります。

山の方に走っていくと、だいたい展望台や展望スペースがあります。
公園になっている場合もあります。

展望公園になっている場合は、たいてい公衆トイレもあるので、車中泊がしやすくなります。

ただ、パトカーが巡回していることが多いので、職務質問されることはあるでしょう。

場合によっては通報されることもあります。
ただ、これは公園で車中泊をしていても同じです。

展望台で車中泊をするメリット

・とても展望がよい。
・標高が高いと、風が通りやすく夏は涼しい。
・周囲に人がいないので、のんびり過ごせる。
・ちょっとしたデイキャンプができる。
(火器の扱いは十分に注意し、他者の迷惑にならないこと)

当たり前ですが、展望がよく、車中泊をすれば朝日や夕日を眺められます。
周囲に人も少なく、のんびりと過ごせます。

道の駅などでは、いつまで駐車していてはいけませんから、その意味で快適です。夜間に車が通ることはありますが、道の駅ほどではありません。

展望台で車中泊をするデメリット

・冬は風が通るうえに標高があると、寒い。
・標高が高い場合は、天候が変わりやすい。
・トイレが綺麗とは言い難い。
・警察に起こされることがある。
・近くに売店などがなく、町や主要道へのアクセスが悪い。
・事前の買い出しが必須。
・携帯電波が届きにくく、トラブルがあった際に対処しづらい。
・ネット通信が使えない。
・たまり場になっていることもあり、安全性に疑問がある。

まとめると、以上のようになります。

車中泊場所のチェックポイント

そのほかにも、

・ゴミが散乱していないか
・落書きがないか
・タイヤ痕などがないか
・夜間閉鎖されないか
・街灯はあるか
・夜間に街灯は点灯するか
・携帯の電波は入るか
・近隣に民家など助けを求めることができる人がいるか

といった項目をチェックする必要があります。

このほかにも、地面が平らかどうか、トイレにペーパーがあるかどうかなどもチェックしておくとよいですね。

特に展望台では、近くに民家がないことが多く、街灯もないうえに携帯電話も使えないことが多いため、トラブル時の対処が難しくなります。女性や子供連れで車中泊するのは避けたい場所です。

街中の河川公園で車中泊をするよりも、難易度は高くなります。

初めての土地では、十分な準備をし、下調べをしっかりしたうえで、試しに車中泊をしてみるとよいと思います。

一人なら、意外に快適に過ごせますよ(トラブルには注意してください)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。