ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

山の中では、車中泊一択!

山の中の無料キャンプ場では車中泊一択です。

キャンプ場でなくとも、山で宿泊するなら車中泊が安全です。

無料キャンプ場は都市部を除いて、結構あります。

多くは山の中であったり、海水浴場付近にあったりします。

無料キャンプ場には、原則、管理人が常駐していませんので、
サイトの管理は期待できません。

とくに注意が必要なのは、山の中にあるキャンプ場です。

山の中の無料キャンプ場は危険!

夏の暑い季節は、避暑も兼ねて、標高の高いところにあるキャンプ場が快適です。

しかし、管理人が常駐していないような、きちんと整備されていないキャンプ場だと、 サルやクマなどが出没します。

たいてい、熊出没注意!などの立札があります。

テント泊だと、猿やクマにとっては、何もないのと同じでしょう。

猿の握力は子供でも100kg近く、大人なら300kgにも達します。
クマも握力だけでも100kgを超えるそうです。

とても普通の人間が敵うものではありません。

車でも窓ガラスを割られる危険性はありますが、エンジンをかけると音が出るので、 驚かすこともできるし、そのまま走って逃げることもできます。
脅かすだけでよいなら、クラクションを鳴らすのもよいでしょう。

管理人のいない山の中のキャンプ場で宿泊する場合には、自衛が肝心です。

キャンプ料理を楽しんだら、きちんと片付けをしてから寝るようにしましょう。

クマや猿に太刀打ちできる方だったとしても、寝ているときに襲われては勝ち目はありません。

猿やクマが出る可能性のある山の中で宿泊をするなら、車中泊一択でしょう。

山の上のキャンプ場は天候が変わりやすい!

異常気象の影響で、地上でも局地的豪雨になったりしますが、 山の場合、標高にもよりますが、地上よりも気温が低く、 天候も変わりやすいので、地上は晴れや曇りでも山の上は雨や雹や雪になることがあります。

また、山の上は風も強くなりやすいので、テントの撤収なども困難になります。

車中泊なら、豪雨でも強風でも雹や雪でも安全ですし、撤収などの手間もありません。

なにより、状況をみて、すぐに現地を立ち去ることもできます。

避難小屋などがない、山の上にある無料キャンプ場で泊まる場合は、
キャンプ慣れしている方以外は、車中泊がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。