ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

普通車で車中泊の旅を楽しもう④

車中泊の旅では、入浴も楽しみの一つです。

日本は銭湯や温泉があちこちにあるので、目的地がどこであっても、困ることはほとんどありません。

スーパー銭湯などは、遅くまでやっているし、施設によっては24時間営業している銭湯もありますね。

温泉巡りを車中泊で楽しんでいる人も多いので、温泉さがしを楽しむというのは如何でしょうか。

温泉探しを楽しむ

最近では、道の駅やサービスエリアにも温泉を併設しているところがあります。温泉で有名な土地ですと、温泉街もあります。

そして、意外にも食事が美味しいスーパー銭湯や温泉も増えています。

パーキングエリアや道の駅よりも美味しい食事ができるスーパー銭湯、温泉もあるので、ぜひ探してみてください。

温泉やスーパー銭湯を休憩スポットとして活用する

スーパー銭湯は勿論、温泉でも駐車場の広いところが多いので、休憩スポットとして活用できます。

また、施設内にも休憩どころなどがあるので、そういった設備のある温泉なら旅の疲れを癒すこともできます。

あまり何度も入浴すると、体力を消耗するので本末転倒になりますが、銭湯や温泉をみかけたら、積極的に立ち寄ってこまめに疲れを癒したいものです。

着替えは勿論、ソープやタオルは必ず持参

安い銭湯では、ソープやシャンプーが置いてないところがあります。また置いてあるところでも、アルコール臭がして、洗うと髪の毛がガサガサになります。

リンスインシャンプーなのにナゼ?!と思いますが、髪質に合わないものもあります。

その場でタオルを購入して、手ぶらで入浴できるところもありますが、通常はタオルやソープ、シャンプーを持参しましょう。

トラベルセットは、最初から必要なものがひとまとめになっていますので、便利です。

スポーツタオルなどは、乾くのも早く、車中泊の旅にはオススメです。ただし、薄くてちょっとゴワゴワします。

冬の車中泊旅なら、衣類圧縮袋を使おう

冬の衣類はどうしてもかさばります。

衣類圧縮袋を使えば、管理が楽になります。いちいち掃除機で空気を吸いだす必要もありません。

土地ならではの買い物を楽しむ

通常の旅で買い物といえば、お土産でしょう。

しかし、車中泊の旅では、お土産以外にも、物資や食品の調達が必要になります。これがまた、楽しみの一つでもあります。

その地方の特産品などは、直売所や道の駅などで売られています。キャンプ道具があれば、さっと調理して賞味することもできますね。

車中飯を作る道具については、下記の記事を参考にしてみてください。

全国チェーンではない、地元のスーパーや、ホームセンターなども回ってみると面白いと思います。

次回は、車中泊の旅の注意点について、考えてみます。

前回の記事はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。