ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

車中泊の楽しみを増す、道の駅

車中泊をするうえで欠かせない道の駅についてです。

国交省では、道の駅で車中泊してもよいかという問いに以下のように回答しています。


「道の駅」は休憩施設であるため、駐車場など公共空間で宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。
もちろん、「道の駅」は、ドライバーなど皆さんが交通事故防止のため24時間無料で利用できる休憩施設
であるので、施設で仮眠していただくことはかまいません。

国交省HPより

仮眠はよいが、宿泊は遠慮してくださいということですね。

道の駅の車中泊場所としての魅力

とはいえ、道の駅は車中泊場所としては最適な条件を備えています。

24時間綺麗なトイレ、24時間無料で利用できる駐車場があります。

さらに町や主要道路へのアクセスがよく、売店も併設しています。

売店はなくてもよいとしても、この条件を満たす施設は、公園くらいでしょう。

無料のキャンプ場もありますが、トイレがきれいなところは少なく、町や主要道路へのアクセスも難があるところが多いです。

景観のよい土地であれば、観光駐車場が無料で利用できますが、トイレのないところもあります。また、カーナビのマップにはあまり入っていません。

さらに、子供や女性連れで車中泊をする場合、ますます、安全性が高く、設備の整った駐車場が必要になります。

現在の選択肢としてそれらすべてを満たすのは、道の駅、高速道路のSA・PA
になるでしょう。

無料にこだわらないのであれば、RVパーク、オートキャンプ場なども候補に入ってきますが、料金が3000円を超えるところが多いので、キャンピングカーでない限り、ビジネスホテルに泊まるほうが、快適に過ごせます。

特産品直売所としての道の駅の魅力

道の駅は、単にパーキングとトイレがある休憩施設というだけでなく、その土地の特産品を販売しているところがあります。

キャンピングカーや、車内にキャンプギアを持ち込んで調理する人にとっては、その土地の特産品を直接楽しむことができます。

レストランとしての道の駅の魅力

道の駅には、レストランを併設しているところもあります。その土地の料理がメニューにあることも多く、非日常を楽しむことができます。

とくに、車内で調理できない一般的なクルマ旅では、チェーン店のレストランよりも魅力的です。

様々な特徴をもつ、道の駅

そのほかにも、日帰り温泉を併設している道の駅、博物館、美術館、あるいは工房、公園や展望台、宿泊施設を併設しているところもあります。

無料で宿泊できて、その土地の特徴的な物産、風景を楽しめる道の駅は、車での旅をする人にとっては、とても魅力的なところになりました。

長時間駐車禁止、車中泊禁止の道の駅

これだけ魅力的な道の駅ですから、車中泊する人もどんどん増えてきました。

そして、人が増えればマナーの悪い人も増えてきます。

エンジンをかけっぱなしにする人や、ゴミを捨てる人。

夜中に騒ぐ人や、テーブルとイスを駐車場に引っ張り出して、キャンプ場のように過ごす人。

もう、びっくりするくらい色々な人がいます。

そのせいか、ゴミ箱のないところや、車中泊禁止を掲げる道の駅も増えてきました。

まとめ

道の駅は全国に1000カ所以上にも増えており、まだまだ増えています。

山の中を走っていて、道の駅を見つけるとほっとします。

ぜひ、マナーを守って、利用したいものです。

仮眠を済ませたら、せっかくなので買い出しやレストランを利用するなどしていきましょう。

また、不必要に長時間滞在せず、混雑してきたら次の目的地へ移動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。