ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

車中泊時の安眠はココがポイント。

さっそくですが、車中泊で眠るときに、気を付けたいのが、疲労の回復です。

車の運転をし、さらに目的地で活動をした後、ホテルのベッドほど快適とはいえない車内で眠ることになります。

平らなマットレスの上で眠ることは勿論ですが、外部からの光や音も遮断し、しっかりと疲労回復を図りたいものです。

眼球保護の安心感により、安眠環境を作る。

車中泊で眠る場合の、疲労回復を重視した安眠グッズを紹介します。

まずテンピュールの柔らかい素材のものです。遮光性が高く柔らかいので、安心して安眠できます。厚みがあるので、寝返りを頻繁にうつ方だと外れてしまうかもしれません。

厚みのある柔らかい素材で、眼球付近を覆うので、安心感があるため、安眠環境を作る一助となります。

遮光性により、安眠環境を整える。

次は、軽めのものです。寝返りを頻繁にうつ方でも外れにくいでしょう。遮光性も十分なので、よく休めます。

こちらは外れにくく、遮光性も十分なので街灯の付近で車中泊する場合に、安心感をもたらしてくれます。

光が漏れていると、落ち着いて眠れない方に最適です。

疲労回復機能により、安眠環境を整える。

最後は、リカバリーウェアのアイマスクです。特殊な電磁波かどうかはわかりませんが、ストレッチ性の高い素材を使用しているので、装着感が少なくてよいと思います。成人の方は、サイズの大きい方を買いましょう。

同じく最後に温熱式のアイマスクです。薄くて軽量で、温熱療法してくれるので目の疲れも取れます。安心のタイマー付きですが、値段がちょっと高めです。コード付きなら手ごろですが、やはりオススメはコードレスです。

最後に。

車中泊では、安眠環境をきちんと整えることが思いのほか、重要になります。

その目的とするところは、何よりも疲労の回復です。

眠る時間が少々短くても、ぐっすりと眠ることができれば、翌日もしっかりと活動できます。

特に一般道の移動などでは、神経が高ぶりやすく、知らない間に体の筋肉が緊張し、強張ってしまいます。安眠環境をしっかりと整え、疲労の回復を図ることが、車中泊を楽しむコツです。

寝る時ではなく、疲労回復のための休憩のときは、こちらをご確認ください。

音が気になって眠れないという方は、こちらもご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。