ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

車のバッテリー交換はDIYで節約しよう。

車のバッテリー交換は、どうしていますか?

バッテリー交換はとっても簡単ですが、業者に御願いすると工賃5000円くらいはかかります。

プロに交換してもらうわけですから、工賃がかかるのは当然ですね。

でも、自分でできることは、自分でやってしまいましょう。

そしてバッテリー自体も、ネットや量販店で買う方がお得です。

バッテリー交換の目安は、だいたい3年、3万km程度です。勿論、使い方やバッテリーによって差はありますので、あくまでも目安です。

寒冷地やゴーストップの多い街中、毎日買い物の足代わりという場合は2年程度で交換するほうがよいでしょう。

では、簡単に手順を説明しますよ。

バッテリー交換の手順

ナビのセキュリティを確認します。

まず、ナビのセキュリティ設定を確認します。初期化してしまった場合のパスワードは覚えていますか?

これを忘れると、バッテリー交換後、ナビのセキュリティが働いて、パスワードを入れないと使えなくなります。

交換時にバックアップ電源を使えば問題ないですが、念のため、パスワードを確認しておきましょう。このようなセキュリティ設定のないナビは、関係ありません。

バックアップ電源はコレです。電装品の設定が初期化されるのが嫌な方はお使い下さい。

ボンネットを開けたら、両端子にバックアップ電源を接続します。

バックアップ電源なしでやっても問題ないですが、ナビを含め、電装品が初期化されることがあります。

マイナス端子から外していきます。次にプラス端子です。

順番を間違えると、バチバチっとショートすることがあるので、ご注意を。外した端子はショートしないよう、プラス端子に絶縁テープを巻いておくか、ショートしないように固定します。

バッテリーを交換します。

古いバッテリーの固定用フレームを外して、バッテリーを新品に交換し、フレームで固定します。

プラス端子から接続していきます。最後にマイナス端子を接続します。

順番を間違えると、ショートすることがあるので、注意して下さい。

接続を終えたら、バックアップ電源を撤去します。通電を確認し、エンジンがかかったら終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。