ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

中宮温泉野営場で車中泊

今回は、中宮温泉野営場で車中泊をしてきました。

今回のルートは、中宮温泉野営場で車中泊、中宮温泉ビジターセンターを散策、中宮温泉を散策という行程です。

場所の詳細については、リンクでご確認ください。

中宮温泉野営場で車中泊

とにかく、虫が多くて、キャンプ場側のトイレも虫がびっしりです。まあ、車中泊なのでキャンプ場の状態はあまり関係ありません。

今回は中宮温泉レストハウス前の駐車場で車中泊をしました。ほかにもバイクツーリングの方がテントを張っていました。

ちなみにここへアクセスするホワイトロードの無料区間は夜7時から翌朝7時まで閉鎖されますので、夜間は出られません。

夏の車中泊は暑さとの闘いです。網戸や扇風機を活用するのはもちろんですが、一晩中、車載冷蔵庫と扇風機を動かすのでサブバッテリーがほぼ空になりました。

中宮温泉ビジターセンターを散策

ビジターセンターのトイレは綺麗でした

中宮温泉野営場から白山白川郷ホワイトロードの中宮料金所方面に向かうと、ビジターセンターがあります。

ここのトイレはとても綺麗でした。女性連れの場合は、ここのトイレを利用するとよいでしょう。

ただし、夏場はアブが多いので、注意してください。車を停めてエンジンを切り、しばらくしてからドアを開けると大丈夫でした。

中宮展示館

ここ、ビジターセンターには、白山の自然博物館があります。

入館料は、無料で誰でも入れます。開館時間は朝9時から午後4時半までとなっています。

興味のある方は、訪れてみるとよいでしょう。

すぐそばに川があって吊り橋がかかっています。ビジターセンターの駐車場から川の方へ行けますので、水浴びをしたり、休憩するのもよいでしょう。

川の水は綺麗でしたよ。

中宮温泉付近を散策

ビジターセンターから中宮温泉方面に向かいます。

右手にあるのは、公衆トイレです。この付近はスペースが広くなっており、数台の車が駐車できるスペースがあります。

前に川が流れており、橋を渡ると中宮道登山口があります。

ここで車中泊をするのもよいかもしれません。このすぐ近くに足湯、無料の露天風呂があります。

猿乃浄土の湯(足湯)

先ほどの公衆トイレの奥にこの無料の足湯場があります。無料だから仕方ありませんが、結構、虫やカエルの死骸が浮いています。

温度は体感ですが42度くらいはあります。ちょっと入る気にはなりませんでした。

薬師の湯(天然露天風呂)

先ほどの足湯のところから、さらに奥へ薬師堂の方へ進むと、無料露天風呂の薬師の湯があります。

一応、更衣室もあります。女性側にはすだれのようなものがかかっていますが、見ようと思えば、いくらでも見えそうな感じでした。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、結構、虫の死骸などが浮いています。登山をした後の汗だくの体なら入りたいところですが、通常の汚れ方ならあえて入りたいとは思いませんでした。

管理人も誰もいないので、無料で入ろうと思えば入れるため、無料露天風呂と書いていますが、料金箱が設置されています。

入浴料500円なので、街中の銭湯と同じかちょっと高いくらいですね。

洗い場もなく、虫の死骸が浮いているこの露天風呂に500円も払う気にはなれなかったので、入浴はしておりません。

温度は42度くらいはあるようでした。料金を徴収するなら、屋根くらいはつけてほしいと思います。

見た感じでは、浴槽?の清掃などもされていない様子でした。登山帰りなら利用したいところです。

まとめ

今回は中宮温泉野営場で車中泊をしました。当然ながらこの周辺にスーパーやコンビニなどはありませんので、事前に買い出しはしておきましょう。

シーズン中は、中宮温泉野営場のレストハウスで軽食を摂ることはできます。車中泊なら不要ですが、キャンプをするなら虫よけグッズはあるだけ持っていきましょう。

車中泊でも網戸用の虫よけスプレーくらいは持参したほうがよさそうです。