ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

赤城公園キャンプ場で車中泊

群馬県の赤城公園キャンプ場にやってきました。

夕方、着いた時には、あいにくの雨。標高1300mあるこのキャンプ場は、霧がひどくて前が見えない。

道の両側に車が駐車しているほどの混雑ぶり。

キャンプ場から少し距離をとって、車中泊することにしました。

夜になれば人も減るはず・・・。

今日はここで車中泊をすることにしました。

妖精ちゃん
妖精ちゃん

「ここで車中泊することにしましたってどこに停めてるの~?混雑してたんでしょ?」

メガネおやじ

メガネおやじ

「う、そりゃあ、内緒じゃわい。勿論、邪魔にならない所じゃよ。」

標高が1000mを超えているので、ちょっと涼しい。

単純計算で下界より6度は涼しいはずです。

車中泊で暑いのはもう、どうにもなりませんからね。

もしゲリラ豪雨になったら、テント泊だといろいろ心配ですが、車中泊なら関係ありません。

なので、これから一杯やることにします。運転はもうしませんから。

妖精ちゃん
妖精ちゃん

「飲んだら乗るな!乗るなら飲むなぁ~!」

メガネおやじ

メガネおやじ

「いぁいぁ、乗ってるけど、運転しないからのっ、車中泊じゃからのっ!」

朝になりました。今日はどうやら快晴のようです。

来た甲斐がありました。

早速、車をキャンプ場の駐車場に移動しました。

このキャンプ場は、意外と平らなところが少なくて、駐車場にテントを設営しちゃう人がいるんですよね。

妖精ちゃん
妖精ちゃん

「立札にも、駐車場にテント設営禁止って書いてあったよね」

メガネおやじ

メガネおやじ

「どうしてもマナーを守らない人は出てくるのう~。気持ちはよくわかるんじゃがな。」

このキャンプ場のうれしいところは、標高1000m以上の無料キャンプ場ながら、街中でしか使えないUQモバイルのWi-Fiが使えたことでした。

涼しい!自然を満喫できる!ネットから情報も取れる!うれし~!!

妖精ちゃん
妖精ちゃん

「ねぇねぇ、キャンプって、非日常を楽しむためにするんでしょ~?不便を楽しむためにするんでしょ~?電波入らないほうが良くない?職場から電話かかってきたら、せっかくの気分が台無しじゃない?」

メガネおやじ

メガネおやじ

「まぁ、そうじゃが、限られた休日のなかで車旅をしておるからのう。天候や交通情報は気になるのじゃよ。ほかにもあちこち行きたいからのう。」

そうです、もっと時間があったら、この赤城大沼の周辺を散策したい・・・。

結構、景色もいいのです。ロケーション最高~♪

長期滞在できるほど休みがあったら、長期滞在したくなるー!

妖精ちゃん
妖精ちゃん

「あっ、ここ、1週間以上の長期滞在は禁止だからねっ!」

ワカサギ釣りで有名なスポットですが、鯉やフナも釣れるのです。実際に釣りしている人も多いです。

妖精ちゃん
妖精ちゃん

「あっ、ここ、遊びの釣りでも入漁券が必要だからね。夜釣り禁止、漁法禁止、池を挟んでキャンプ場と反対側にある売店まで行って、券買ってきてね」

メガネおやじ

メガネおやじ

「まだ、釣りをするとは言っておらんじゃろうに・・・」

今日は、これから別のキャンプ場にも行きますので、車内で朝食を食べてから移動することにします。

シーズン中は、混雑していますが、涼しく、ロケーションは最高なので、オススメです。

それでは、また。