ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

ブレーキオイルはむやみ継ぎ足しちゃダメ?

ブレーキオイルの交換はきちんとされていますか。

概ね、車検ごとの交換が推奨されていると思います。

ブレーキオイルは吸湿性が高いので、車検ごとに交換していない場合は、べーパーロック現象が起きやすくなります。

また、ブレーキラインに錆を呼びます。これは厄介ですね。

新品のブレーキオイルは色が薄い黄色ですので、濃くなっていたら、早めに交換しましょう。

ブレーキオイルが減っている場合は確認を。

車検ごとに交換していない場合、ブレーキオイルが減っている場合があります。

しかし、補充する前に、ブレーキパッドの摩耗を疑ってみましょう。

ブレーキオイルはブレーキパッドに直結しています。ブレーキパッドとディスクは一定間隔を保つようになっているので、ブレーキパッドが減ってくると、タンクの液面も下がってきます。

ブレーキパッドの厚みが3mm以下なら交換時期です。

また、車検ごとに交換しているのに減っている場合は、漏れている可能性があります。

どちらにしても、一度、点検してもらうことをオススメします。

古いブレーキオイルに新しいものを継ぎ足すのはダメ。

古いブレーキオイルに新しいブレーキオイルを継ぎ足すのはよくありません。

ブレーキオイルは吸湿性が高く、1~2年経過すると、3.7%程度、水分を取り込んでしまいます。

これに新しいブレーキオイルを継ぎ足しても、もともと水分が混ざっていますから、沸点はあまり上がりません。

新しいオイルを継ぎ足しておいたから、あと1年くらいは交換しなくても大丈夫などと思っていると、山道を走ったりしたときにブレーキが効かなくなる可能性もあります。

継ぎ足すのはではなく、全部交換してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。