ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

セパレートカーテン取付

運転席と後席の間に、カーテンをつけて区切りたいと思ったことはありませんか?

私は、後席で車中泊し、前席は運転用として区切りたいと思っていました。

まず、冷房効率が上がります。後席も冷やしたいなら、カーテンを開ければいいだけです。

しかし、市販されている車用のセパレートカーテンは、紐で吊るして、薄いの布カーテンをマジックテープで固定するようなものが多く、車中泊時に光が漏れるのが嫌でした。

また、ちょっと負荷がかかると、紐を留めているクリップピンが、ぽんっと外れてどこかに飛んでいってしまいます。

紐をストッパーで留めているだけなので、だんだんとカーテンを支える紐が弛んできます

そこで、住宅用のしっかりしたカーテンを取り付けることを考えましたので、よければ参考にしてみてください。

住宅用のカーテンを取り付けよう。

まず、クリップナットを購入します。

はい、こんなやつです。ナンバープレートを留めるのに使っているようなものです。

このクリップナットを車内のピラー部分に差し込みます。

差し込んだら、ボルトをはめ込んでピラーに固定します。かなりしっかり固定できますが、ピラーにちょっと傷がつくかもしれません。

傷が嫌な方は、ゴムシートを小さく切って挟んだりして傷を防止してください。

カーテンレールを購入するときに、壁面ブラケットも購入しておきます。

クリップナットとカーテンレールをつなぐ金具は、高さ調整用のものです。これでカーテンレールの高さを調整します。

カーテンレールは、伸縮式の長さが調整できるレールを購入します。

私の車内幅は110㎝でしたので、110cm~2mまで調整できるレールを使っています。

ボルトの長さは、ナットとプレートの厚みを考慮して、ちょうどよい長さのものを選んでください。

クリップナットをボルトで留めていますので、かなりしっかり固定できています。ボルトでピラーを貫通を貫通させるとさらにしっかりと固定できるでしょうが、私は貫通させていません。

傷は少し残りますが、不要ならクリップナットのボルトを緩めて取り外せば終了です。

カーテンは難燃性のもので、遮光1級のものを使っています。

好きなカーテンに取り換えられるのも、住宅用カーテンのいいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です