ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

曽爾高原+香落渓

奈良県の曽爾村にある高原です。

日本300名山の一つ倶留尊山(標高1038m)。

この山から亀の背に似た亀山(標高849m)を結ぶ西麓に広がるのが曽爾高原です。曽爾高原はススキで一面に覆われた草原で、3月中頃に毎年山焼きが行われ、春から夏にかけては一面に青い絨毯が敷かれたような爽快な姿をみせます。

秋にはススキの穂が陽射しを浴びて銀色・金色に輝き、毎年たくさんの観光客が訪れます。また、曽爾高原の中腹には「お亀伝説」が残るお亀池があり、湿原特有に希少な植物を見ることができます。 【曽爾村観光協会HPより】

香落渓を経由

R165からR81に入り、青蓮寺湖や香落渓の景観を楽しみながら、ドライブします。

楽しみ方

ハイキングに訪れる人が多いので、シーズン中(10~11月)は平日に行くのがオススメです。

ここでハイキングや風景撮影を楽しんでから、ファームガーデンにあるお亀の湯(水曜日定休・祝日の水曜は営業、翌日休業)でさっぱりするのがオススメです。

無料駐車場や公衆トイレもこのファームガーデンにあります。食事ですが、お亀の湯の施設内にレストランもあり、郷土料理が楽しめます。他にもレストランはありますが、こちらはメニューがカレーのみですので、オススメはしません。ファームガーデンの向かいにも食堂のような店があります。

ハイキングをしなくても、カメラ片手に散策するだけでも気分転換になります。

準備等

水曜日はファームガーデンのレストランや温泉が休業になるので、注意が必要です。付近にコンビニやレストランはほとんどありませんので、事前に食料品の買い出しが必要です。ガソリンの残量にも注意です。

※H31/2/1~2/20まで全館休業のようです。詳細は以下のリンクからご確認下さい。

ハイキングを楽しむなら、リュックに水筒とお弁当などを入れて持っていきましょう。日焼け止めや虫よけは必須です。

周囲に遮るものがないので、寒い時期なら上着は必須です。雨天の場合には、目的地自体を変更するか、ファームガーデンで温泉や買い物を楽しむしかなさそうです。

参考URL http://www.soni-kogen.com/index.html

高原全景

アクセスですが、シーズン中は誘導員がR81の橋付近に立っていて誘導してくれます。一方通行になります。シーズン以外でも基本的に一方通行で、この橋から入ります。

道が狭いので、上側から入って下側から帰ると対向車が少ないです。
所在地 奈良県宇陀郡曽爾村太良路
アクセス R81から公衆トイレ付近で神明神社方面に小さな橋を渡って入ります。ギリギリ普通車で対向できるくらいの農道になるため、基本的には一方通行です。
通行料等 なし。
休業日 なし。
駐車場情報 高原に入る手前に有料駐車場(普通車600円)。混雑時は少し離れたファームガーデンに駐車(無料)。
備考 付近にスーパーやコンビニ、レストランなどはほとんどないので、注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です