ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

車間距離は、どれだけ空ける?

一般道の長距離運転は疲れますね。

車間距離を開けていると、そこに指示器も出さずにさっと入ってくる車も多いです。一台分、先に進んだからって、次の信号で止まるじゃないか。

そんな風に思っています。

車間距離はきちんととらないと、車間距離保持義務違反で罰則もありますので、あらためて考えるまでもないですが、このサイトのテーマは車中泊をしながらの車旅ですから、そちらの観点から考えていきます。

車中泊では、ホテルのベッドで休むほど、疲れは取れない。車旅なので長距離運転になるというのが、前提です。

結論から言いますと、車間距離はとにかく空ける。

これ以外にはありません。

とにかく空けるってどれだけ空けるんだって感じですが、

前に2,3台の車が入るくらいは空けると、余裕をもった運転ができます。

そもそも車が止まるまでの距離は、時速に比例しています。

40kmで走っているなら約40m、60kmで走っているなら約60m必要です。

車中泊では、なかなか十分に疲れがとれない。

車中泊しながらの車旅では、ホテルのベッドで休むほどにも疲れが取れていないということを、自覚する必要があります。

段差をなくし、エアマットや布団できちんと寝床を整えても、ベッドのマットレスにはなかなか及ばないでしょう。さらに言えば、就寝中の空調管理までは困難です。

注意力などは普段よりも落ちていると考えて、運転すべきです。疲れを感じたら、こまめに休憩しましょう。

さらに一人旅の場合は、暇を持て余してついよそ見をしたり、ナビや携帯を操作してしまうこともあるでしょう。

最近は高齢ドライバーや、ナビを見ながらウロウロと走る人、何もないのに急にスピードを落とす人など色々な人がいます。

車間距離を空けると、疲れにくくなる。

これは長旅をするうえでは、重要です。

車間距離を空ければ、気づくのが遅れてもぶつかるまでに余裕があります。心理的にも余裕ができます。さらに、

アクセルオフしてからブレーキをかければよいので、燃費が良くなる。

エンジンブレーキ後にブレーキをかけるので、ブレーキパッドが減りにくい。

急ブレーキをしないので、タイヤも減りにくい。

前の車がブレーキを踏むたびに、ブレーキを踏む必要がなくなる。

初めての土地を走る場合は特に、車間距離を空けて、慌てずに対処できる余裕を作っておくことが必要でしょう。

あと、車間距離をしっかり取ることで、反対車線の右折車が曲がることができるため、反対車線の渋滞緩和にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。