ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

冬用タイヤ規制ってなに?

冬になると、高速道路などで、チェーン規制、あるいは冬用タイヤ規制があります。

冬用タイヤ規制は、冬用タイヤ、またはチェーンを装着していないと、高速道路を走ってはいけませんというものです。

ただし、チェーン規制の意味合いは、その土地により異なります。積雪地域の場合には、より規制の意味合いが厳格になります。

また、全車チェーン規制では、スタッドレスタイヤであっても、チェーンを装着していない車は通行できません。

冬用タイヤとは、どんなタイヤか?ということですが、一般にはスタッドレスタイヤということになります。

しかし、「M&S」「M+S]、あるいは「SNOW]の刻印があるタイヤもこの冬用タイヤに含まれています。

< NEXCO中日本冬場に高速道路を走行する場合の注意点は? >

ということで、冬用タイヤ規制では、スタッドレスタイヤは勿論、M+S、SNOWの刻印のあるタイヤでも走行可能となります。

ただし、オールテレーンタイヤ、オールシーズンタイヤなどでは、凍結路には対応できませんので、やはり、スタッドレスタイヤが推奨されています。

一般国道でもチェーン規制が導入されています。

雪道を走るなら、チェーンを携行するのは、当然ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。