ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

タイヤの空気圧、チェックしてますか?

JAFの出動理由TOP3に必ず入るのがバッテリーとタイヤ関係になっています。

エアー不足、バースト、パンクなどですが、パンク以外は空気圧の管理ができていれば予防できるものです。

ガソリンスタンドがセルフになったからだとか、理由はいろいろと言われていますが、今は簡単に空気圧をチェックできるものがあります。

車種によっては、メーター内にタイヤの空気圧が表示されるものもありますよね。

空気圧チェックはこれでOK

3ヶ月もたてば、わりと空気は減りますし、空気圧チェッカーでチェックするにも4本全部調べないといけないし、調べるときに空気が抜けてしまいます。

常時空気圧をモニタリングしてくれるものがあるので、燃費の面からも設置しておくとよいでしょう。

とくにタイヤのエアキャップと付け替えるだけのものの方が、電池交換も簡単です。もちろん誤差はありますが、目安にはなります。

デメリットですが、誤差はそれほど気になりませんが、センサーが結構大きいので、見た目がちょっと気になります。

また、ときどき誤作動することもありますが、まあ、値段なりという感じでしょうか。

見た目を気にする方は、タイヤ内にセンサーを取り付けるタイプがよいでしょう。

空気入れも常備しておきましょう。

ガソリンスタンドに行けば、タイヤの空気は入れてもらえます。

しかし、燃費を気にする方など、こまめに管理するなら、常備しておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。