ぼっちのためのドライブ・ふらっとキャンプスポット

ワイパーがビビる原因。

ワイパーがビビると、きれいに拭き取れず、視界が悪くなります。

今まで普通に拭き取れていたのに、ビビりだしてきたら、ワイパーゴムの劣化が原因かもしれません。

ワイパーゴムの寿命は1年くらいですので、毎年交換する必要があります。

ワイパーゴムの劣化はよくある話ですので、ここでは、それ以外の原因を考えたいと思います。

ひどくなると、視界が確保できないばかりか、音が発生する場合もありますので、早めに対処しておきましょう。

油膜や汚れがムラになっている場合。

フロントガラスに付着している油膜や汚れが、ムラになって張り付いている場合です。これは、油膜取りなどでフロントガラスを清掃すれば解決します。

撥水剤を塗った際にムラになっている場合。

フロントガラスに撥水施工した際に、薬剤がムラになっていて、ビビりの原因になっている場合です。これは、一度撥水膜を除去し、均一に塗り直すと解決します。

ワイパーゴムは、撥水ガラス用のものに交換しておきましょう。

必ずメーカーのホームページなどで、自分の車に適合するか確認しましょう。

撥水により、雨水がなくなって、ブレードの抵抗が増えるためです。撥水剤用のワイパーはフッ素コートなどにより、潤滑性能を上げています。

ワイパーブレードが変形している場合。

ワイパーブレードは、ワイパーゴムを固定している本体です。ブレードはフロントガラスにワイパーゴムを押し付ける役目もありますので、これが変形している場合には、ビビりの原因となります。

必ず、メーカーホームページなどで、自分の車に適合するか確認しましょう。

ワイパーアームが変形している場合。

ワイパーアームはモーターにつながっていて部分です。ブレードを支えているワイパーアームも長年使っていると、ブレードを抑える力が弱くなったり、変形します。特に積雪地域などは、アームにかかる負担も大きくなります。5年以上経過しているのであれば、確認してみるとよいかもしれません。

まとめ。

ワイパーがスムーズに動かないと、視界が悪くなるうえに不快です。ひどいと音が出ます。

ゴムは環境にもよりますが、半年ぐらいで劣化しますので、こまめに交換しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。